令和4年度 CO2排出削減設備導入事業【緊急対策枠】(令和5年1月募集開始分)

原油価格や物価高騰による県経済活動等への影響を最小限にとどめるため、脱炭素社会に向けた設備投資を促進する緊急対策枠を創設しました。
県内中小企業等におけるエネルギー使用量及びCO2排出量の削減のため、空調設備、ボイラー等の高効率タイプへの更新や、太陽光発電設備の新設などCO2排出削減設備の導入に要する経費の一部を補助します。

CO2排出削減設備導入事業「緊急対策枠」の概要

〇概要

  • 補助率 2/3以内 補助上限額 500万円
    ※蓄電池を伴わない太陽光発電設備の場合、補助率1/3以内
  • 対象設備は10年使用している設備(更新の場合)
  • 申請手続を簡素化
  • 審査・選定は先着順

〇補助対象者等

対象者民間事業者(埼玉県内で事業活動を営んでいる法人及び個人事業主。ただし、会社にあっては、埼玉県中小企業振興基本条例(平成14年12月24日条例98号)第2条の規定に基づく中小企業者に限る。)
対象事業CO2排出量を削減するために必要な設備整備高効率省エネルギー設備への更新[例]空調設備・ボイラー・コンプレッサー・変圧器・冷凍冷蔵設備等の高効率化など(既存設備は10年以上使用していると認められる設備であること)※照明設備は対象外再生可能エネルギーの利用設備の導入[例]太陽光発電設備、バイオマス発電設備再エネ設備と組合せた蓄電池など※固定価格買取制度に基づく全量売電目的は対象外CO2排出量の少ない燃料等を使用した設備への更新等[例]ボイラーの都市ガスやLPG等への転換・ヒートポンプ化 コジェネレーション設備・インバータ制御等の導入、など
補助率2/3以内※蓄電池を伴わない太陽光発電設備の場合、補助率1/3以内
補助上限500万円
申請受付期間令和5年1月30日(月)~2月17日(金)
先着順。予算額に達し次第、受付終了。
申請方法電子申請システムでの受付となります。
準備ができ次第、URL及び申請マニュアルを公開します。
必要事項の入力及び必要書類の添付(申請書等)を行っていただきます。

〇補助対象経費

設備費設備費、必要不可欠な付属機器
工事費労務費、設計費、材料費、消耗品・雑材料費、直接仮設費、試験調整費、立会検査費、機器搬入費 等

[対象外経費]撤去費、移設費、処分費、通信費、光熱水費、旅費、居住用途に係る設備の導入、消費税及び地方消費税 等

補助金交付要綱、様式など

〇補助金交付要綱、募集要領、募集案内リーフレット

申請の詳細については県ホームページをご覧ください。
https://www.pref.saitama.lg.jp/a0502/hojokin/co2hojo-kinkyutaisaku.html